出会い系サイト業者を緊急招集!?京都府警サイバー警察が。

京都府警サイバー警察が。

出会い系業者を緊急招集して何が語られたのか

出会い系サイトの業者を京都府のサイバー警察が招集したとの情報が入りました。

出会い系サイトが「売春」のやり取り放置? 運営会社社長の「逮捕」に潜む問題点
http://news.livedoor.com/article/detail/10926290/

ハッピーメールの売春あっせん(不起訴)事件の経緯説明と、今後の運営方針へ切り込んだとのことです。


・売春業者を放置してはいけない
・売春とわかるような伏字の活用はNG
・未成年の利用を徹底してガードすべし
・売春あっせん業者(デルヘル)の検挙に協力すること

などが説明されたそうです。

 
出会い系業界はこれからより厳密なルールを守った運営が求められるでしょう。

利用者からすれば、デリヘル業者や未成年が排除されるのでより安全に本物の出会いが探せるので良いことであると思います。

 
しかし規制が行き過ぎれば楽しみもなくなりかねませんし、サイト側の負担が増えれば値上げの可能性も出てきます。

また、出会い系アプリ群は出会い系規制法から外れているが、警察は今後はアプリへの規制強化も図っていく構えのようなので、今まで大丈夫だった…が通用しなくなる日も近いのかもしれません。

 
出会い系アプリで未成年との出会いを求めている方は、今すぐ中止した方がいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ