千葉県の高校教師が出会い系で買春を計25回して逮捕★出会い系HOTニュース

出会い系サイトニュース未成年
 

事件の概要

 
千葉県の県立高校教師の男性(30歳)が買春を繰り返していた事が発覚して懲戒免職となった。

買収の回数は合計25回を超えており、そのうち5人は18歳未満の児童だったので、

児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで県警に逮捕される事態になっている。

逮捕されたのは、県立浦安南高校の野村洋介(30歳)で、教育委員会の調査では容疑を認めているという。

 

管理人の見解

 
今回逮捕されたのが教師ということで、世間の注目も集まりニュースとして各メディアから

本名を報じられてしまっていますね。教師はおろか再就職もかなり難しいでしょう…。

一時的な好奇心と性欲を満たすために大きな代償を払ってしまいましたね。

 
最近では、この手のニュースはWEB上で公開され半永久的に残ってしまいます。

傍観者として見る分には「大変だなぁ~」「驚きだなぁ~」と思いますが、

いざ何かの間違いが起こって自分が逮捕されてしまったらお先真っ暗になってしまいます。

出会い系サイトを使うときは、相手が18歳以上か未満かをしっかりと確認した方がいいでしょう。

 

対策と傾向

 
出会い系サイトでは相手が18歳未満だとわかった時点で、全ての関係を切ることを心がけてください。

出会い系サイトは「年齢認証をしないと使えない」とはいいますが、サイトに寄って審査が緩いところもありますし、

本人が家族の身分証で年齢認証をパスしている可能性があります。

 
ちなみに、相手が18歳未満の未成年(=児童)と知らずに関係を持ってしまった場合はセーフです。
 

出会い系サイトで若い子と遊ぶ場合は相手が未成年かどうかをメールやLINEなどで確認をして

いざ逮捕されるようなことになった場合でも、証拠として証明出来るようにしておいた方が無難です。

相手に嘘をつかれていたとすれば、それは本人の過失はないので大凡無事に釈放されるでしょう。

しかし口頭で確認していた場合、相手の子が「私はそんなこと言っていない」と言ってしまえば

たちまち不利な状況に陥ってしまう場合もあります。(法律は弱者を守るためのものなので)

 
また、日本の法律では、18歳未満の未成年者(=児童)とエッチをしたり

裸の写真を撮影したり、本人に撮影させて送らせたりするのも犯罪です。(児童ポルノ製造容疑)

出会い系サイトやSNSであっても未成年者とは一定の距離を置いてお付き合いする事をオススメします。

この場合の未成年とは、「18歳未満の児童」という定義なので、18歳の誕生日を迎えたJKはセーフ…

(ですが身分証が無い限りは確認のしょうがないのでグレーゾーン。)

 

年齢認証がバッチリの出会い系サイトは?

 
出会い系サイト側で年齢確認をしっかりとっているサイトは以下のサイトです。

大手出会い系サイトとして10年以上廃業することなく運営されているので安心です。

【↓出会いの老舗Jメール↓】
Jメールピンクのロゴ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ